Profile

私の本棚

☆☆☆ オススメ度

建築家を志す方やこれから家を建てる方への推薦図書です。流行のスタイルに目を奪われがちですが、住まいや暮らしの本質は昔も今も変わりません。日本の家とは?安らかな暮らしには何が大切なのでしょうか?

「民芸四十年」 柳 宗悦 著

ご存じ民芸の名著ですが、文中の「民芸」を「建築」と読み替えても面白く読めます。建築も健康で偽りのない用の美が基本です。

■読書対象者:建築士、施主

book_mingei40nen
  • 岩波文庫
  • ☆☆☆

「方丈記」 三木紀人 訳・注

鴨 長明が晩年に移り住んだ簡素な庵で人生を俯瞰するエッセイです。安らかな心情と無常観が素晴らしい。時代は変わっても、人の本質は何も変わらないのです。徒然草と合わせてお勧めします。 

■読書対象者:建築士、施主

book_hojoki
  • 創英社
  • ☆☆

「逝きし世の面影」 渡辺京二 著

自然と調和した生活文化の溢れる江戸日本が新鮮です。文明と引き換えに失ったものの大きさを痛感します。思いやり深く男も女も人も家畜もみな均しくフラットに生きてたのです!日本人のルーツを知り、生活文化を考える手掛かりがあります。小泉八雲の「日本の面影」もオススメです。

■読書対象者:建築士、施主

book_yukishiyonoomokage
  • 平凡社ライブラリー
  • ☆☆☆

「絵のない絵本」 アンデルセン 著 

豊かな想像力を育む短編集。建築も機能性から少し離れてこれくらい詩的であってほしい。豊かな暮らしには日常の細部を楽しむ、豊かな感性が必要なのかもしれません。

■読書対象者:施主

book_enonaiehon1
  • 新潮文庫
  • ☆☆

「海からの贈り物」 リンドバーグ夫人 著

社会や家族を支え、慌ただしく生きるのは女性の宿命?簡素な生活、一人で過ごす時間から女性の自己充足について述べられた名著。

■読書対象者:女性施主

book_umikaranookurimono1
  • 新潮文庫
  • ☆☆☆

「パパラギ」 岡崎照男 訳

はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集。物がなければ暮らせないのは、心が貧しいから?文明と、物の溢れる現代生活について考えさせられます。

■読書対象者:

book_paparagi
  • 立風書房
  • ☆☆

Works