Profile

私の本棚

☆☆☆ オススメ度

建築家を志す方やこれから家を建てる方への推薦図書です。流行のスタイルに目を奪われがちですが、住まいや暮らしの本質は昔も今も変わりません。日本の家とは?安らかな暮らしには何が大切なのでしょうか?

「陰翳礼讃」 谷崎潤一郎 著

暗闇の中に見出した日本人の美学。既に失いつつある日本人の繊細な感性が自分の中に甦ってきます。自分もこの本に出会った頃は家の電球を取り換えたり、照明器具づくりにも没頭しました。

■読書対象者:建築士

book_ineiraisan
  • 中公文庫
  • ☆☆☆

「風土」 和辻哲郎 著 

生活文化や精神構造をそれぞれの風土との関係から解き明かした名著。日本人や日本文化を考える手掛かりがあります。鈴木秀夫氏の「森林の思考・砂漠の思考」(NHKブックス)にも同様の内容が解説されています。

■読書対象者:建築士

book_fudo
  • 岩波文庫
  • ☆☆

「火の誓い」 河井寛次郎 著

寛次郎さんの晩年の境地に触れられる一冊です。自己と美と宇宙とが一体となってモノ作りに打ち込んでいる様子が感じ取れます。陶工の天才は詩人でもありました。

■読書対象者:建築士

book_hinochikai
  • 講談社文芸文庫
  • ☆☆

「種の起源」 ダーウィン 著

生物の進化を決定する自然選択について詳細な観察が繰り広げられています。一つの建築を考えるとき、沢山の選択肢の中から一つづつ選択を繰り返す行為は、自然界の摂理、自然選択と似ています。自然選択を決定する必然についての学びがあります。

■読書対象者:建築士

book_shunokigen
  • 岩波文庫
  • ☆☆

「美しき日本の残像」 アレックス・カー 著

青い目で見た日本建築・日本文化論は沢山ありますが、率直な感性に好意が持てます。祖谷の古民家は今ではトラスト運動にまで発展してるようですが、そのパワーに感心しきりです。

■読書対象者:建築士

book_nipponnozanzo
  • 新潮社
  • ☆☆

「森の生活」 H.D.ソーロー著

建築の初源性、文明の非力さ、簡素な暮らし方、自然との接し方、・・・生きる上で大切なことを様々な切り口から教えられます。古民家塾の活動も、セルフビルトの目覚めもこの一冊から始まりました。自分に限らず、この本に影響された人は少なくないのでは?

■読書対象者:男性建築士、施主

book_moriniseikatsu
  • 岩波文庫
  • ☆☆☆

Works